雇用管理制度助成コース

雇用管理制度助成コースのご紹介

全ての正規雇用労働者を対象に、健康づくり制度「法定外の健診」を新たに導入すると、57万円/社(生産性要件満たすと+15万円)、受給できる助成金があります。 社会保険労務士法人クロスフェイスでは、雇用管理制度助成コースとして、その受給申請の支援サービスをご提供しております。

条件

  • 法定健診に加えて、法定外の健診(胃がん検診 、子宮がん検診 、肺がん検診 、乳がん検診 、大腸がん検診 、歯周疾患検診 、骨粗鬆症検診 、腰痛健康診断)を実施
  • 受診費用を半額以上負担する
  • 制度実施前後の1年間を比較し、離職率が「維持・または改善」する
雇用管理制度助成コースの離職率の比較の仕方
離職率の改善の比較方法
社員数20名の場合の改善離職率の求め方
例)社員数20名・実施前離職者4名(離職率20%)の場合
経営者の方は必ずご一読ください