諸手当制度共通化コース

諸手当制度共通化コースのご紹介

有期契約労働者に関して、正規雇用労働者と共通の諸手当制度を新たに導入すると、38万円/事業所(生産性要件満たすと+10万円)、受給できる助成金があります。 社会保険労務士法人クロスフェイスでは、諸手当制度共通化コースとして、その受給申請の支援サービスをご提供しております。

条件

  • 賃金規程等共通化コースと同じ条件のほかに、以下のいずれかの諸手当制度を新たに設ける
  • 最大10手当(賞与、役職手当、精皆勤手当、食事手当、単身赴任手当、地域手当、家族手当、住宅手当、深夜・休日労働手当、特殊作業手当・特殊勤務手当)
  • 賞与は、6か月分相当として50,000円以上支給
  • 手当は、1か月分相当として3,000円以上支給
  • 深夜・休日労働は、法律より5%以上UPして支給
  • 対象労働者が2人目以降は加算あり(1.5万円×最大20名)
  • 対象手当が2つ目以降は加算あり(16万円×最大10手当)

受給額の例

38万円/事業所 + 1.5万円 × 最大20名 + 16万円 × 最大10手当
最大228万円(276万円)

経営者の方は必ずご一読ください