2019年度限定働き方改革助成金

【2019年度限定】働き方改革助成金のご紹介

勤務間インターバル導入コースの支給を受けた(計画申請後申請可)中小企業が新たに労働者を雇い入れ、人員配置変更、労働者の負担軽減等、雇用管理の改善に取り組むと、
60万円〜100万円/人・社(生産性要件を満たすと+15万円)受給できる助成金です。
社会保険労務士法人クロスフェイスでは、勤務間インターバル導入コースに加えて、こちらの助成金の受給申請の支援サービスをご提供しております。

受給額の例

60万円/人・社 × 最大10名=最大600万円(750万円)

【計画達成助成】(10名までの人員増を上限)

雇い入れた労働者1人あたり60万円 (短時間労働者の場合40万円)

条件

  • 雇い入れる1ヶ月前までに計画書を提出
  • 計画期間の6ヶ月間に集中的に採用
  • 労働者の純増が必要

【目標達成助成】(10名までの人員増を上限)

労働者1人あたり15万円 (短時間労働者の場合は10万円)

条件

  • 雇用管理改善計画の開始日から3年経過以降に申請 )
  • 生産性要件を満たす (6%以上UP)
  • 離職率(30%未満
経営者の方は必ずご一読ください